GONZO
BACK TO LIST
 
バブル戦争から十数年、世界は富める者と貧しき者の二極分化が急激に進み、日本もまたその例外ではなかった。
富める者はひたすら己の欲望と快楽を求め、東京はその欲望を満たす快楽都市と化した。
パスポートを剥奪され国内でくすぶっていた戦場カメラマン雑賀(サイガ)は、ある日秘密クラブの潜入取材を依頼される。
それはセレブの中でも特に選ばれた者だけにしか出入りを許されないと言われる闇の社交場「六本木倶楽部」。
その会員になれた者には究極の快楽が与えられるという。
潜入に成功した雑賀に助けを求める謎の少女、神楽(カグラ)。
彼女は「六本木倶楽部」の支配人、水天宮によって倶楽部のシンボルとして操られていたのだった。
神楽をつれて逃げる雑賀、だが雑賀は神楽と接触したことによって「写殺能力」に目覚めることになる。
そして「六本木倶楽部」からの追っ手もまた、欲望によって特殊な能力に覚醒した者たちだった・・・。
「六本木倶楽部」とは、そして神楽とはいったい何者なのか。
神楽とのラブストーリーを軸に、二人の絶体絶命の逃亡劇が始まる。


プロモーション映像はこちら
  TVシリーズ(全24話)2005年4月〜2005年9月 テレビ朝日にて放送 / UMD、DVD-BOX発売中
  平成17年度文化庁メディア芸術祭アニメーション部門 審査委員会推薦作品

  15歳の少女と、30歳過ぎの元戦場カメラマン。全く違う世界に生きる二人が、運命に導かれ、そして命を懸けた絶体絶命の逃避行へと駆り立てられていく……。
  スタイリッシュなビジュアルと魅力的なキャラクター、そして王道の「ラブストーリー」を全面に押し出し、非現実的な恋愛劇を、緻密なシナリオと嘘のない確かな演出で描き出す。
  カメラを使用した前代未聞のアクションシーン、そして刺激的なストーリーと斬新な映像美。インパクトと訴求力を持った、新しいスタイルのエンターテインメントをGONZOが提案する。
  キャラクター原案は、人気イラストレーターのコザキユースケ氏。アニメーションキャラクターデザインには石浜真史氏と、実力派スタッフが集結。
  また、今作のヒロインには、約2,000人の中からオーディションで選ばれた斉藤圭を起用。その演技力にも注目が集まる。
原作
GONZO
監督
杉島 邦久
シリーズ構成
吉田 伸
キャラクター原案
コザキユースケ
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督
石浜 真史
デザインワークス
奥野 浩行、森 久司、海老原 雅夫
美術監督
衛藤 功二
美術監修
東 潤一
アニメーション制作
GONZO


雑賀辰巳
高田 裕司
天王洲神楽
斉藤 圭
銀座ひばり
本田 貴子
水天宮寵児
森川 智之
天王洲神泉
高島 雅羅
辻堂
結城 比呂
新治
津田 健次郎
真壁
江川 央生
戸越清冶郎
広瀬 正志
   
ほか
  「スピードグラファー」 公式サイト >> http://www.gonzo.co.jp/archives/speed-grapher/index.html

(C)2005 GONZO
PAGE TOP
   
  Copyright GONZO K.K. All RightsReserved.