サムライ 7

0404_img5

はるか未来、地球と呼ばれていたかもしれないある惑星。
そこでは全身を機械化したサムライ達が長い間戦をし、大地が焦土と化してようやく大戦は終わった。
人々は再び田を耕し、生きていくには困らない程度の米を生産できるようになった、そんな時代。
深い山々に囲まれ湿潤な気候に恵まれたカンナ村も大戦時の痛手から立ち直り、米の収穫に恵まれている。
だが、村人たちは、米の出来に喜んでばかりはいられない。
毎年やってくる黒い脅威「野伏(のぶ)せり」–かつて戦場を彩っていた機械化されたサムライ達のなれの果てが襲ってくるのだ。
戦争の終わった今では彼らは生きる目的を失い、徒党を組み村々を蹂躙し米や女たちを奪っていった。
抵抗には死–米をつくることしか知らない農民たちは収穫期の野伏せりたちの襲撃を仕方なく受け入れる以外、生きる術をもたなかった。
収穫期を前に稲穂の実りを視察にきた野伏せりに対して、カンナ村の長であるギサクは徹底抗戦を唱える。村人からあがる反対意見。
しかしギサクには野伏せりを撃退する妙案があった。野伏せりに対抗できるのはサムライしかいない。戦が終わり、戦う場所を失ったサムライたちは皆、力をもてあまし、腹をすかせている。腹いっぱいの米を報酬にすれば、必ずサムライを雇い入れることが出来るはずだ。
かくして血気盛んな若者リキチと、水分(みく)まりの巫女のキララとコマチ姉妹が村の代表として、砂漠の向こうにある街・虹雅渓(こうがきょう)に向かう事となる…。

黒澤明の代表作「七人の侍」に、大胆なアレンジを加えたSF冒険活劇。
ストーリーは原作の戦国時代から宇宙対戦終結後の世界に舞台設定を移し「野伏せり」と呼ばれる機動兵器は3DCGで描かれる。
勧善懲悪のシンプルなストーリー構成、練り込まれた各シーンのアイディア、そしてビジュアルインパクトのある決闘シーンなど、多くのエンターテインメント要素が詰まったこの作品を、世界ではじめてフルデジタルアニメーションとしてリメイク。
原作のキャラクター像とは全く異なるアプローチによる個性的な7人のサムライたちにも注目。

スタッフ

原作:黒澤 明「七人の侍」より
監督:滝沢 敏文
演出協力:高橋 良輔
シリーズ構成・脚本:冨岡 淳広
キャラクターデザイン:草彅琢仁
アニメーションキャラクターデザイン:橋本 英樹
メカニカルデザイン:小林 誠
美術監督:小倉 宏昌
音響監督:鶴岡 陽太
音楽:和田 薫・林 英哲
アニメーション制作:GONZO
製作:NEP・GONZO

キャスト

カンベエ:寺杣 昌紀
カツシロウ:朴璐美
キクチヨ:コング桑田
シチロージ:草野 徹
ヘイハチ:犬飼 淳治
ゴロベエ:稲田 徹
キュウゾウ:三木 眞一郎
キララ:折笠 富美子
コマチ:斎藤 千和
リキチ:西前 忠久
ウキョウ:子安 武人
ほか

インフォメーション

TVシリーズ(全26話) 2004年6月~2004年12月 SKY PerfecTV!、2006年4月~2006年10月 NHK総合にて放送 / DVD(全13巻)発売中

公式サイト >>  http://www.samurai-7.com/


公式オンラインショップ >> ゴンゾスタイル

©2004 黒澤明/橋本忍/小国英雄/NEP・GONZO